keybaseandmastodon

Mastodon と Keybase の連携しました

もう完全に春!
いや初夏!
寒くなくなって何よりです。
暖かいの好き。

さて、仕事も一段落したので、Mastodon v2.8.0 から対応している Keybase との連携をしました。

そもそも Keybase が何か良くわかっていなかったので、少し前から登録して使ってみてました。
使ってみて・・・いろいろなサービスを登録できることがわかった(笑)
正直きちんと理解できていないですが、いろいろなサービスで使用しているアカウントを登録しておくとネット上での本人確認になるというもの。
このアカウントは本人がきちんと認証していて信用できますよということを伝えることができる。

確かに世間のニュースなどでみかける「なりすまし」の横行などを見ているとネット上での本人確認ってとても難しい。
直接会ったことのある人ならいざしらず会ったこともない人がほとんどなので確かに重要なこと。

で、Mastodon は v2.8.0 から、この Keybase と連携ができるようになったということ。
あ、もちろん先に Keybase にアカウントは作っておかないとダメです。
でも最初どうやって自分のサーバを Keybase に登録するのかわからなかった。
オイゲンさんの mastodon.social などの大手は keybase 上できちんと検索で上がってくるのに他の人のはいくつかしかあがってこない。
でも検索で上がってくると言うことは登録されていると言うことで、どうやるのかなと・・・

いろいろと他の鯖管さんたちの話を聞いていると、自分で自サーバの情報を Keybase の中の人にチャットかメールで送って登録してもらうと言うことがわかった。
なんとここに来てまさかの人間による手作業コミュニケーション!!
面白いな。

やり方は @noellabo@dtp-mstdn.jp さんのこのトゥートがわかりやすいです。
https://dtp-mstdn.jp/@noellabo/101915922235620237

そのトゥートを参考にまずは httpie を自分の環境にインストール。
その後は Keybase の解説にあるようなややこしいことはあまりなかった。
というのも、コンフィグファイルについては Mastodon v2.8.0 ではすでに生成されている。
https://自分の Mastodon ドメイン/.well-known/keybase-proof-config にあるはず。
例えばうちのは https://real-escape.jp/.well-known/keybase-proof-config
実際にブラウザに入れてみてサイト情報のような文字列が表示されたら基本的には大丈夫。
で、トゥートにも書かれているバリデーションをする。
httpie をインストールした後に、コマンドラインで以下のように打つ。
http GET “https://keybase.io/_/api/1.0/validate_proof_config.json” config_url=”https://自分の Mastodon ドメイン/.well-known/keybase-proof-config”
Enter で実行して OK となれば良い。

あとは Keybase の中の人にチャットかメールで自分の config_url である https://自分の Mastodon ドメイン/.well-known/keybase-proof-config を伝える。
私は Keybase のチャットで mlsteele さんに「うちの Mastodon サーバを Keybase に追加したいんだけどお願いできますか」と英語で連絡したら 2 時間くらいで「OK、また登録したら連絡するよ」と返事が。
その後 3 時間くらいで xgess さんという人から「登録できたよ」って連絡がきた。
寝る前にやって寝てる間にできてたって感じ。
とっても早い!!

あとは Keybase 側から Mastodon 側へ連携すればいいだけ。

わかれば簡単だけど、連携したというのならもっと簡単にできたらいいのにと思うのが本音。
でもこれで自分のサーバが本人確認として認知してもらえるのは素直に嬉しかったりする。
続けられる限り Mastodon は続けていきたいな。

リアル脱出ゲーム好きな人のための Mastodon 「リアルエスケープ(real-escape.jp)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です